蕪Log

同人サークル「蕪研究所(ブラボ)」だったり、日常のよしなしごとだったり。あらゆる意味で日記です。

結局小説は「自分の心に従って書く」のと「客観的な理解とのすりあわせをする」のどっちが優先かという話

いま、両方の主張がある界隈に身を置いていて、いろいろ考えさせられることがあったので、現時点での考えをまとめてみます。酒のあてにはちょうどいいでしょう。

まずは、「面白い作品を書くために」お互いが主張していることを整理しましょう。

「自分が満足出来る作品ならば、自分のような人間には響くはず……」

自分の心に従って書く人間の主張は、概ね「最初の読者である自分が満足出来る作品作り」という点に尽きるようです。

自分が面白いと思えない作品は、誰が読んでも面白くない。一方自分が面白いと思える作品は、自分のような”感性”を持った人間が面白いと感じてくれる。

故に、面白い作品を書くためには、自分を満足させる必要がある。こういう考えです。

対して、「作者の心象を写像した物が、そのまま受け入れられるわけがない」

一方の客観的な理解とのすりあわせをしたい派閥は、主観の存在を徹底的に排除します。

作者の思い込みの中にしかない事象を文章に表現しなかった場合、読者はそのことを知ることが出来ません。それが往々にして、”伏線”という美辞麗句に飾り立てられた隠匿になってしまい、結果として、何が書いてあるんだかよく分からない怪文章になりがちです。

故に、文字書きは客観性の権化であるべきだというわけです。提示されている情報で物語が理解できるかどうかを、第三者の目線で見られるかどうか。その観察眼こそが物語を紡ぐものに必要だという主張ですね。

・・・・・・・・

お互いに一理あるように見えます。そりゃあ、ありますとも。

だって……

どちらも、物書きとしての最低限のスキルじゃないですか?

界隈で対立しているように見える主観性と客観性っていうスキルは、両方持ち合わせていなければたぶん、物書きは名乗れないのです。

「伝える」ための客観性

両者の言う面白い物語というのは、つまるところ「何らかの心象の動きを与えることができる」文字の羅列だと考えられます。

つまり、まずはとにもかくにも、物語を頭の中に思い描いてもらわなければ始まらないわけです。そのために必要になってくるスキルが、物語を理解してもらうために必要な情報を適切に供給するスキル……すなわち客観性の側面になります。

奇書怪書の類いでない限り、客観性が全ての基礎です。理解されなければそっ閉じ、ブラウザバックなどの憂き目を見るでしょう。

ここで言う客観性とは、物語を書くという目線よりももっとメタの目線、即ち「誰に物語を読まれるか」という想定を含みます。よく言われる読者層の想定というやつです。フィールドに応じて語彙を変更することもまた、客観性スキルの内に含まれると言えるでしょう。

何度も繰り返しますが、文章が客観性において校閲されることは、”理解される”文章における最低ラインです。これを怠ったがために物語が伝わらないことを嘆いていては、いったい何を書いているのか分かりません。そもそも小説とは、単語、文節、文法、語彙、その他諸々のルールに厳格に縛られた規律ベースの創作です。作者の自由に出来る部分など、ほとんど無いのです。

ただ。

客観的に正しい”だけ”の文章が面白いかというと、決してそんなことはない。伝わるだけだからです。

面白さを提供するためのインパクト、そこに主観性が必要になってくるかもしれません。

「揺さぶる」ための主観性

要するに、メッセージとかテーマとかいった、「作家性」と呼ばれる部分になると思います。

この辺よく分からないし、本当は僕はこの辺りも客観的な視点から作れるし、作るべきなんじゃないかと思っていますが、顔を立てるために項目だけ立てておきます。

感性と呼ばれる領域はこの部分に寄与します。発想力と言い換えてもいいかもしれません。筆力、あるいは手癖かも。

・・・・・・

論をぶち上げている暇があったら書けと言う話

なので、この辺で切り上げます。

トール缶が空かないくらいの酔漢の、戯言でした。

結局長文執筆者は(ry 「iPad Pro(11inch)」編

前回の投稿からすでに二ヶ月。需要があるのかどうか分からないけれど、書くと約束したからには、後人の為に情報を記すのが我々ガジェットオタクの使命であります。

結論から先に書くと、僕はSurface Goを売却することに決めました。iPad Proで書いていく事に決めたというわけです。

その決め手はなんだったのか? というわけで、長文執筆におけるiPad Pro(11inch)の善し悪しを書いていきます。ご購入の検討材料にどうぞ。

機器スペックについて

僕が買った64GBモデルは、実効メモリ4GBだそう。

なのでメモリに関して言えば、Surface Goと同等の性能を有しています。

プロセッサに関しては、アーキテクチャが異なるので単純な比較は控えます。

長所

*をつけたトピックに関しては、総評の部分で詳述します。

・画面がデカイ。Surface GOと比較して体感で1.2倍くらい大きいです。iPad側がホームボタンを廃止してまで推し進めた省ベゼル化の恩恵が、もろに感じられます。画面がデカイとその分1ページが大きく表示できるので、視認性が上がり誤字発見などに役立ちます。

・画面の縦横比が4:3。つまりA4原寸表示が画面いっぱいに出来ると言うことです。紙面の圧や黒さをより明示的に見ることが出来ます。

・充電がUSB Type-Cなので他の様々な機器と充電ケーブルを共有できる。

・*他に色々な洗練された、アプリを使うことが出来る(オンプレミス・クラウドベース問わず)

短所

*をつけたトピックに関しては、総評の部分で詳述します。

・Officeを使うにはサブスクリプション契約が必要。Office 365の契約が必要です。

・*Wordとの入力相性が致命的に悪い。もはやバグを疑うレベル。

・他にも色々アプリを入れていると通知が鬱陶しいことがあります。もっとも、通知は切ったらいい話なので、そう悩む部分でもないかも知れません。

・*iOSの機能でマルチウィンドウ機能が実装されたとはいえ、マルチタスク性においては僅かにWindowsに軍配が上がります。資料を開きながら執筆をしたいシーンにおいては、もう一枚iPadが必要かも知れません(?)

総評

iPad向けWord(あるいは、Onedrive)は使い物にならない

Wordでの執筆のみを考えるなら、Surface Goに軍配が上がるのは間違いありません。その理由はひとえに、iOS向け(?)のOffice、特にWordの使い勝手の悪さにつきます。

まず、キー入力から画面への反映に、コンマ一秒ほどのラグがあります。時には入力した文字列が確定するまで、全ての文字列が見えないことも。これは「タイプの速さで物を考える」「形にしてから推敲する」物書きには致命的です。

さらに、入力のみならず編集にも難があります。カーソルキーによる入力位置の移動がキャンセルされることがあるのです。狙いの位置にカーソルを持っていくことが、出来ないことがあるというのが難点で……完全に出来ないのであれば期待せずタップで移動するのに、出来たり出来なかったりするので非常にストレスが溜まります。

以上はOnedrive上に配置したWordファイルを編集する際に発生した問題点です。完全にローカルな環境でWordファイルを作成、編集する分にはもしかすると問題ないかも知れません。ただ、私がWordを利用する理由として最も大きな物が、Onedrive経由での同期であったために、上記の問題点は看過できませんでした。

iPadを残した理由

しかし、冒頭でお伝えしました。私はSurface Goを売り、iPad Pro 11inchを手元に残しました。上記の問題点を補ってあまりある利点が、iPad側にはあります。それが「クラウドサービスをアプリで使える」という点です。

Surface Go編でお伝えしたとおり、Surface Goはタイプカバーキーボードとの併用が前提となっています。従ってマウス操作を出来ない状況は想定されておらず、その結果一部の"右クリックやドラッグが必要なWebアプリケーション"をSurface Go単体では扱えませんでした。

上述したアプリケーションを何に使っているかと言えば、プロットとアイデア出しになります。これをアプリで使えるとどうなるか。サービスにも依りますが、利点は二つ。

・モバイル環境に最適化されたUX

・オフライン利用が可能

この二点につきます。換言すると、どこでも快適にアイデアだし・プロット編成ができるということです。これ、重要じゃないですか。

プロット練り5割、執筆3割、推敲2割

面白い物語になるかどうかって、実際のところプロット出しの段階で半分くらい決まっていると思っています。更に重要なのが、小説執筆においてプロット編成の段階で獲得した”良さ”が最後の加点要素だと言うことです。

執筆の段階における加点はほとんど無いと思っています。むしろ、論理的破綻をどう無くすか、おかしな文章をどう無くすか……といった、読者が感じる減点要素をどう潰すかに注力するべきだと考えています。

つまりなにが言いたいかというと、執筆よりもプロット練りに時間とコストを掛けた方が、コスト対面白さの点で有利だと考えると言うことです。

そのため、私はiPadを選びました。アプリと軽快な動作に支えられたリッチなUXによって、実際のところプロット作成は大いに捗っています。作成したプロットはクラウドベースのサービスにあるので、あとで執筆用のパソコンから参照するなり、そのままiPadで参照しながら(不本意ではありますが)Wordによる執筆をすることもあります。

マルチタスク性は執筆に必要か?

私の執筆観念からすると、「2ウィンドウあれば十分」というのが本当のところです。

つまり、執筆用ウィンドウと、プロット表示用ウィンドウです。これ以上要りますか。いるとしたらキャラ・時代設定のウィンドウですが、それはプロットに盛り込まれているはずなので常時表示する必要は無いと考えます。

すなわち、iPadで表示できる2分割ウィンドウで十分足りるというわけです。

結論

私はiPadを選びました。

お互いに対して相当アゲもサゲもしたと思うので、後はどうぞお好きな方を。

私の次の旅は、iPad用の優秀な執筆ソフトを探す旅です。どうぞご期待下さい。

結局長文執筆者はSurface GoとiPad Pro(11inch)どっち買ったらいいの、という話(Surface Go編)

どうも。出先での執筆のために、あるいは執筆しに外出するために、用途の競合商品二つを購入してしまった小野です。

すなわちiPad Pro(11inch)とSurface Goです。

ガジェットオタクでなくとも、何らかの執筆をする人であれば、屋外での作業環境として一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。軽くて、軽快な動作で、ちょっとオサレなデバイスについて、心惹かれたことはありませんか。惹かれない方はここまでで結構。ブラウザを閉じて執筆にお戻りください。

どちらも安い買い物ではありませんでした。購入に踏み切れない方も多いと思います。そこで、両方を執筆用に使ってみて人柱になった自分が、冥府の淵から書くのが今回のエントリーです。

記事構成は、まず二つのデバイスについて、使ってみた感想(長所、短所)を上げ、最後に「僕が適していると感じた用途」について記載します。各デバイスの価格、スペックについては割愛します。

大前提

どちらも純正のキーボードは使用していません。Ankerからでている2000円くらいの、電池式のキーボードを使用しています。これももう1.5年近く愛用している相方なのですが、その話はまたいつか。

Surface Go

利点

  • Windowsが動くのでWordが一切の制限なく使える。

  • Office付なので最低限のアイデアだし・執筆ツールはそろっている。

  • 特別な操作をしないかぎりWindowsストアアプリしか入らないため、ゲームなどの誘惑が少ない(ブラウザはEdgeが入っているので、インターネットは遮断できない)

  • OneDriveがOSに統合されているので、母艦(Windows)と同期をとるのが楽&実質的に冗長化されたバックアップが常にとれる。

  • マルチウィンドウ。

  • 4GB-64GBモデルでも執筆に支障は感じない。現在80000文字を超える原稿をWordで執筆中ですが、特にもたついたりしない。

  • とにかくWordがサクサク動く。

欠点

  • ACアダプタがでかくてダサいうえに、充電端子がSurfaceシリーズおなじみの独自規格。どうしてType-Cにしなかったん(憤怒)

  • 外部入力がType-C。ドングルを刺す無線マウスを使いたいときにはType-Cからの変換ハブが必要。

  • マウスなしで自由自在に操作できるほど、タッチパネルでの操作性はよくない。執筆中のカーソル移動ならまだいけるが……

  • Bluetoothキーボードを接続していても、入力開始時にソフトウェアキーボードが表示され、邪魔。

  • ブラウザ上でのドラッグ&ドロップのやり方がわからないため、一部Webサービスの利点を十分に甘受できない。

総評

利点をまとめると「Windowsが手軽に持ち出せる」ということになります。生粋のドザーとしてはこれはうれしい限り。しかし、デバイスとしてはそれだけと言えます。ハードウェアとしてのインターフェースのダサさはもはや伝説級では……? ACアダプタについては、お外で充電はしないにしても、家の中ですら取り回しに困るような形状の大きさなのでもはや擁護のしようがない。

Office付きなのは、うれしい人とそうでない人がいるでしょうね。僕はうれしくない方です。別途サブスクリプション契約をしているためです。サブ機前提のくせにサブスクリプション契約者の脚を遠のかせるパッケージ販売しかないのは、少し不満でした。

まとめると、以下のような人に向いています。

Windows、Wordに親しみ深く、Wordで執筆したい人

ポメラほどワープロに特化したものは価格に対して無意味だと思う人

・とにかく安く、軽量で、安定した執筆環境を得たい人

・宗教的事情により罪のリンゴを手にもてない人

次回予告

じつはSurface Goのお値段にもう二万円積むと、iPad Pro(11Inch)のエントリーモデルが買えちゃいます。次回は、そっちの方をレビューしていきたいと思います。

補記

Androidタブレットは、最近のは分かりませんが少なくとも「Wordでの執筆」には向いていません。理由は次回の記事でまとめて紹介します。