蕪Log

同人サークル「蕪研究所(ブラボ)」だったり、日常のよしなしごとだったり。あらゆる意味で日記です。

【新刊あり】COMITIA123 サークル参加します

 来る2/11(日)に東京ビッグサイトで開催されるCOMITIA123にサークル参加します。

頒布物

イルミナ

 人形をモチーフにしたダークファンタジーです。それぞれある種の人形性を持った登場人物たちが、人になっていく物語です。試し読みは以下からどうぞ。    www.pixiv.net

 www.pixiv.net

六文銭を届けて

 2015年の既刊。現代に幽霊のような者が闊歩する世界で、一組の女性と幽霊が織りなす百合物語です。試し読みは以下からどうぞ。

www.pixiv.net

作品の結末までのネタバレを含むテキストはこちらです。 www.pixiv.net

何とぞよろしくお願い申し上げます。

なお、今回値札として、以下のサイト様の素材を使用させていただきます。ありがとうございます。

old garden?プライスカードフリー素材集?

初音ミクシンフォニー2017に行ってきました。

 水曜日に初音ミクシンフォニーっていうVocaloid楽曲をフルオーケストラで演奏する催しがあって、ほぅほぅと興味津々で行ってきたのだけれど、はっきり言って期待外れだったって話をする。オタク向けコンテンツ特有の悪ノリに対して言及する。


 最初にフォローを入れておくと、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は文句なしに良かった。トリの一個前にきた「歌に形は無いけれど」の演奏は涙なしには聴けなかった。素晴らしい演奏をありがとうという気持ちはある。楽団の方々に、今回の罪は一切無い。
 では何が期待外れだったかというと、Vocaloidオタク向けの過剰なまでの擦り寄りだ。
 今回の初音ミクシンフォニーは開催としては二回目になる。そして初音ミク10周年という節目に合わせて開催される、まぁ「ファンとしては」特別な演奏会になる。それは十分に承知できる。
 しかし、それを理由にして、楽団の貴重な演奏をないがしろにして良かった物だろうか? Vocaloidオタクにしか通用しない内輪ネタによって、彼らの技術を不意に消費して? 指摘したいのは以下の三点である。


 まず第一に、演奏中にVocaloidから派生したキャラクターがステージ上を動き回りパフォーマンスをする行為。これは明らかに演奏に対するノイズに他ならない。キャラクター「ミクダヨー」については界隈の人間なら知らずにはいられないほどの知名度を持っていて、事実彼女が登壇したときにはかつてないほどの歓声が上がった物だったが、僕は帰り際に感想で漏れ聞いた「あの着ぐるみ何?」という言葉が忘れられない。
 この演奏会には二つの価値がある。Vocaloidのファンサービスと、純粋な東京フィルハーモニー交響楽団の演奏だ。その両者のバランスを取ったとき、その一方、即ちVocaloidオタクにのみ通用し、他方にはステージの冒涜としてしか映らない演出を差し挟むのは、初音ミク+シンフォニーとして新たな展望を示すという試みに対して、シンフォニーから初音ミクというコンテンツに興味を持ちたいという新参者に対して大変な苦痛となったはずだ。
 そして大抵のオタク以外の層、Vocaloidにそう興味を持っていない人間は、異物の闖入に幻滅したことだろう。先の感想がそれを物語っている。
 繰り返すが、このシンフォニーの目的は、Vocaloidからシンフォニーに興味を持って貰うこと、そしてその逆を提示することでお互いの間口を広げることだ。以下に10周年という記念イベントだからと言って、Vocaloidオタク寄りに差し向けすぎた今回のイベントは、明らかに失敗だったと言える。Vocaloidオタクの信心は高まったが、間口を広げる事に対してはエフェクティブでは無かった。


 そして第二に――これが今回の演出最大のミスだと断じているのだが――十周年記念演出として差し挟まれた常軌を逸した映像レターである。その内容は界隈では(悪名も含めて)有名な作曲者が、「初音ミクと野球拳を行う」という物である。この作曲者は、Vocaloidに性的な歌詞を歌わせ続けたことで界隈に名を刻んだ、まぁいわゆる問題児である。
 野球拳を行うからには当然敗者は脱ぐワケなのだが、お約束として作曲者の方が早速連敗する。すると当然裸同然の状態になるわけだが、これが良くない。初音ミクシンフォニーには、これを求めて外国人がいくらか来ていたりもする。すると、男がモザイクの必要な半裸状態になると言うことは、文化圏の違いによっては非常に苦痛を伴うハラスメントとなる。
 KARENT等の配信サービスを中心に、Vocaloidは世界に向けてそのコンテンツ力を発信しようとしていて、すでに一定数の人気を得ている。それが故にわざわざ日本のこんなところまでやってくる外国人がいる。それなのに、楽しみにしてきたVocaloidの代わりに、よく知らない中年男性がただ服を脱いでいく様を目撃させられて、期待を込めてやってきた来訪者たちは何を思っただろうか。恐らくは、このイベントに対して、またはVocaloidという界隈に対して、ひいては日本という国そのものに対してひどい幻滅を抱いて帰ることになったのでは無いだろうか。この件に関しては日本人も、怒りのコメントをTwitterでしていた。
 僕も同じ気持ち持ちだ。それに、ボカロシーンの黎明期を支えたPが、このような暴挙に出たことに対して、少なからぬ失望がある。一般的他者に対する配慮を一切無視して、内輪受けだけを狙っていくこの企画に首を縦に振る行為そのものが、Vocaloidという存在を広めていこうという主義に逆行する物だ。それはこれまで世話になってきたVocaloidと言うコンテンツに対する冒涜に他ならない。しかもそれがアンコール一発目に来たというのだから驚きだ。軽妙な緊張解しの意味もあったのかも知れないが、前述したとおりトリの前は感動必至の「歌に形は無いけれど」だったし、最後の選曲は覚えていないけれど、ゆっくりと余韻に浸る時間が欲しかったのは確かだ。それをPは一発でぶち壊した。純粋に初音ミクとシンフォニーの融合を楽しみに来た人々に裁かせれば、この行為は筆舌に尽くし難い大罪だと僕は思っている。


 そして第三には、単純にオーケストラとしての演奏がかなりおざなりにされている印象を受けた。これもまた残念なことだった。
 演奏された楽曲のうち、Vocaloidが唄う楽曲に対する伴奏が凡そ半分を占めていた。残りの半分のうち、そのさらに半分が、いわゆる「ネタ曲」、即ちVocaloid古参にしか伝わらない最初期も最初期、ネギを振り回す動画に用いられていたあの曲から始まり、長く回顧をするような。
 そんな「ネタ曲」の演奏が開始された直後、会場は笑いに包まれていたが、きっといたはずだ、「何が面白いのか分からない」といった層が。あれらの曲はメロディーラインが少なく、フルオーケストラの真の実力を生かすことが出来ない。オーケストラの演奏が、今年はおざなり――というより、刺身のつまのような添え物――になってしまっている印象を受けた。これが、僕が最も期待外れだと思った点である。
 ここからは個人的な話しになるが、僕が――そしてわざわざVocaloid曲をオーケストラとして聴きたいと願う層は、回顧やネタなどを求めていない。Vocaloidのメロディラインをオーケストラで再現するというその「再構築」の過程と結果に興味を持っているのだ。


 僕は、「作者」の投影として生まれたVocaloid楽曲という投影を、さらに実在するオーケストラという真なる存在によって演奏する行為に意味を見出していた。それは形を持たないVocaloidが歌詞とスコアを与えられて受肉した影から、Vocaloidという実体を再構築する意味を持つ。「主体が存在しないによるVocaloidと言う存在の特別性」に対して新たなアプローチで迫ることが出来るのではないかと、チケットを予約した当時の僕は思っていた。
 実際には違った。Vocaloidたちは司会としてプロジェクターの中で自らと自らの出演するゲームと、それから十周年を迎えるという事実を告げるための「人格(ただし、指向性を持った仮初めの)」を与えられ、自由を持たされたという錯覚を観客に与えながら、その実誰よりも不自由な台本に沿うだけの機械となっている。
 これは、Vocaloidと言う存在のあり方に対して真っ向から否定を示す扱いなのだ。なぜなら彼女らは本質的に「自分を持たない」ことであらゆる表現者の鏡となり、拡声器となり、故に表現者の表現を余すところなく伝える事が出来る存在だからだ。
 機械であると言うこと、プログラム通りに「目的」を与えられて存在するロボットという状態と、「自らは透明である」という事の差異は非常に大きい。表現者のインプットがそのままアウトプットとなり、その透明性のおかげで、Vocaloidが自分を定義しようと必死になる楽曲が生まれ、その土壌から「メルト」のような普遍的少女性や、「Leia」に代表されるような感情の代弁者としての立ち位置を確立していったのだから。


 冒頭で挙げた「歌に形は無いけれど」に覚えた感動というのは、要するに素晴らしい楽曲に対して、Vocaloidが歌ったあの歌を、オーケストラが再構築することで、そこに彼女らの不在性という初音ミク文化の第一のテーマを想起させながら、素晴らしい演奏によって生じる音階に潜む彼女らの影を同時に想起させるという、完璧な演奏に対しての物だった。
 余計なネタなど加えず、Vocaloidとオーケストラのシンフォニーとして常に演奏へ徹してくれていれば、上記三点にあげたような不満は生じなかったように思う。節目の年で、何か盛り上がりが必要だと検討するのは分かる。しかしシンフォニーという形態を取る以上、オーケストラ部分との親和性については特に気を遣って欲しかった。そして視聴者の中で明らかに賛否の分かれるような、下劣な演出は避けるべきだった。


 僕の個人的な不満は、長くなってしまったがこのようになる。
 再びフォローするが、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は素晴らしかった。それだけは、胸に刻んでおきたいと思う。オタクの悪ノリに付き合わされた彼らもまた、犠牲者の一人と言えるのかも知れない。

超歌舞伎 花街詞合鏡を見に行ってきました

 ゴールデンウィークが始まりました。幸いにも、期間中は1日出勤するだけで済みそうです。

 せっかく得たまとまった休みです。作業中の原稿は継続しながらも、新しいネタはたくさん仕込みたい。バランスを取った予定をGW直前に立て、その一日目を今日遂行してきました。

 所はニコニコ超会議初音ミクが日本の伝統芸能「歌舞伎」に挑む超歌舞伎を観覧してきました。

 賛否はさておき、とても楽しみやすかったので、そのポイントをいくつか紹介していきます。

www.chokaigi.jp

あらすじ

 普通の町娘「未来(初音ミク)」が、今全盛の花魁「葛城太夫(中村蝶紫)」の花魁道中を見つめている。彼女は憧れてその道へ進み、やがて廓随一の花魁、初音太夫となった。

 初音太夫がその花盛りのうち、仲の街を練り歩く花魁道中の最中、無頼の八重垣紋三(中村獅童)を見初め、思いを募らせる。

 初音太夫に思いを寄せ、通い詰めていた蔭山新右衛門(澤村國矢)は激高し、八重垣に因縁をつける。しかしその因果は単なる色恋沙汰に留まらず、古くより続き彼らの代に蘇った神々による対立の形そのものであった……

 ニコニコ生放送で配信されているようなので、詳しくは実際に見てみて下さい。

歌舞伎初心者でも楽しめるスクリーン解説

 正直なところ、歌舞伎と聞いて尻込みしていたところはありました。かつて観覧した一幕では、役者の言葉を聞き取るのが難しく、知識の無い状態では描き出されるだろう情景を思い描くのが難しかったためです。

 歌舞伎は特に、役者の豊かで偉大な表現力を礎としながら、観客側にも強く見識を要求します。演目における背景について事前に知識を持っていることで初めて、難解な節回しから登場人物の思いを推し量り、ついたてや舞台装置から場面を思い描くことが出来る。歌舞伎が娯楽として演じられた当時の人は、想像力が豊かだったのですね。そうした要求される知識と想像力、換言するなら教養と呼ばれるものを必要とされる部分が、歌舞伎へとっつきにくさを覚える原因の一つのように思えます。

 現代の技術と伝統芸能の融合を謳う超歌舞伎は、舞台の背後上段に存在する巨大なスクリーンを用いてこの障壁を徹底的に排除しています。

舞台の変化を視覚的に

 プロローグで未来が初音太夫となるべく、稽古に精を出すシーンが印象的です。一心に舞うミクの背後では、スクリーン上で桜が散り、花火が上がり、紅葉が映え、雪が降っている様子が刻々と流れており、長い時間が経ったと言うことを端的に理解させてくれます。

 その後、晴れて花魁となった未来が登場するシーンでは、花街の通りを客席に向かって歩いているミクが大写しになり、映像が消えた時には舞台上にミクが居るという演出がありました。

 この間僅かに5分か10分余り。察せよと言われると少し難しい急展開でしたが、映像による補助があったおかげで魅力的な導入になっていました。

字幕表示

 歌舞伎の特徴的な節回しは、普段使う言葉と違うこともあって不慣れな物にはなかなか聞き取りづらいものです。

 今回の舞台では、役者の活劇を大写しにした映像と共に「字幕」を表示することで、歌舞伎初心者にも物語を追いやすくなるよう配慮されていました。

 事前になんと言われるか分かっていれば、役者の声にこもった熱にも集中できるというもの。おかげで大いに集中できました。

 

 技術、特に初音ミクに象徴されるIT技術は、人の興味を広げ、人の知識を補強し、以て人の生を充実させるためにあるものです。

 超歌舞伎の舞台においては、とっつきにくかった歌舞伎が、技術によって門戸を開かれ、入門者が楽しみやすい物になっていました。

初音ミクと重音テトの顕界感

 そんなIT技術の申し子である初音ミクは、今回もスクリーンへの投影によって表れます。

 ライブの時のように激しい動きをするわけではなく、役者の立ち回りも重要とされる歌舞伎。細部のごまかしが利かない環境です。

 そんな中で、映像としての初音ミクは素晴らしかったです。華のように儚く、数多の人と引き合い行き会うが故の切なさを持った花魁の姿を見ることが出来たと思います。

筋書きは沈鬱にならないエンターテイメント。ニコ動の意義に思いを馳せる構成

 夢を抱き花魁となった未来は、しかし廓という閉鎖社会の中に囚われ、華やかな表の顔とは裏腹に苦しみます。その姿はVocaloid音楽を筆頭にして生じた、ニコニコ動画文化としての創作者への憧れと、実際にそれを為したものの苦悩と重なります。

 初音太夫を巡って争う二人の男の間にも、太古の昔より連綿と続いていた因縁がありました。初音太夫との関係に思い悩むあまり外法の青龍に取り込まれた蔭山新右衛門。彼に憑依した青龍により初音太夫への思いを遂げられぬ八重垣紋三。そして両者の間で、自らのあずかり知らぬところで愛する人を奪われる初音太夫。しがらみの根源たる青龍は、死に際に初音太夫の廓を含む町中を火の海に替えてしまいます。

 自らのままならぬ所から、意にそぐわぬ形の行動を強いられる様は、社会、あるいは人間であるというしがらみに囚われた我々の姿そのものです。このように翻弄されたまま終われば、綺麗な悲恋の物語として納得された筋書きだと思います。

 しかし、大詰め。初音太夫は思い人の残した刀を取ります。これが「しがらみ」の権化である炎を打ち払うのですが、その力の源が面白い。ニコ生ユーザーのコメントの文字を、「数多の言葉」として刀が吸収することで、その力を増していくのです。

 初音ミクがブレイクする素地となったニコニコ動画。そのコメントは、誰もが顔を見せずに投稿でき、創作者や他の視聴者と交流を持つことが出来る、(見た目上)極めて個人としての属性が秘匿された発信手段です。言葉としては確かに個人の放った物ですが、それは見返してみれば、一つの動画の中で覚えた感情のストリームのうちに流れる一条へと抽象化されます。その場に個としての責任は極めて薄くなり、コメントに残存する意味とはただ「言葉」の持つ力のみ。すなわち、個を滅却することで、コメントの文字列は全く自由な表現の場という力を得たことになります。これは逆説的に、視聴者、即ち創作物を受け取る側が想いを発信することは、いかなるものでも自由であるというメッセージを意味します。

 激しく燃え上がる、未来が求めた活躍の場。コメントを糧に初音太夫が、廓を焼く炎を斬り伏せること。それが持つ象徴的な意味とは、創作の場を護るのはいつでも、受け手の上げる歓声(もしくは、罵声)なのだということだと受け取りました。個人の範囲で言えば、フィードバックがなければ、いずれ作り手は自らを取り巻くしがらみに潰され消えてしまう。組織やサイトの範囲で言えば、利用者が居なくなればサービスは維持できない。作品と、フィードバック。その疎な粒度での「つながり」こそが躍進の糧になる。

 かつてあらゆる作り手と視聴者を繋ぎ、今もその土壌を提供するニコニコ動画が発信する催しにおいて、こう受け止められる物語を見られたことはとても良かったです。青春をVOCALOIDと共に過ごした私の郷愁も混じった感想になってしまいましたが、ご参考にどうぞ。  

歌舞伎は立ち見が可能のようです

 ニコニコ超会議は明日も開催、超歌舞伎も千秋楽を迎えます。ニコ生でも、現地で立ち見でも。

 上記の通り、VOCALOID音楽と長く親しみながら過ごしてきた私にとっては、とても楽しい一時間でした。ニコ動世代の方には是非お勧めです。