読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕪Log

同人サークル「蕪研究所(ブラボ)」だったり、日常のよしなしごとだったり。あらゆる意味で日記です。

けものフレンズ感想まとめ

ついに光回線は来ませんでしたが、スマートフォンニコニコ生放送の席を取り、けものフレンズ最終話を見ていました。

感想をまとめておきます。

けもフレは救い――生きていて良いんだ――

「大丈夫、フレンズによって得意なこと違うから」

このサーバルちゃんの一言から、思えばこの作品の方向性は定まっていたのだと思わされます。

ヒトたる視聴者よ、お前は生きていて良いんだ。その強烈なメッセージです。

けものたちの中で唯一のヒト、それがヒトとして誰にでも備わった知性を披露することでけものの中で評価を得ていく。「ヒトで居てよかった」「ヒトって素晴らしいんだ」と、視聴者がヒトである限り万人に届く自己肯定のメッセージです。

そんなヒトもこの世界ではフレンズです。けものの中でけものの持つ始原の純粋な、生きる指針をメッセージとして受け入れます。「美味しい物食べてこその人生」「苦難は群れで分け合うもの」などなど。人として現代社会に生きる私たちから失われつつあった生物としての原則を、このアニメは再充填してくれます。

ヒトよ、お前はただ、「考えるのが得意なフレンズ」なのだと。けものであるお前を受け入れよう、ジャパリパークは。

「けものはいても のけものはいない」

キャッチーなOPの言葉ですが、本編を見れば、どんな人もけものである以上、除け者にはならないんだという安心感を強く与えるシナリオになっていました。

前向きで建設的なシナリオ

作中で、キャラクターが相手を人格的に攻撃する描写は、一度もありませんでした。

常に建設的、物語と問題を進行する方向にキャラクター同士の会話が進行しています。彼女らはけものでありながら(あるいは、けものであるからこそ)ドロドロした感情からは自由な存在であり、故に合理的なのです。

減点出来ない隙の無いシナリオ

けものと、ヒトから生まれた純粋な知性の結晶たるかばんちゃんの織りなすショートストーリーの連続であることから、この物語は徹頭徹尾、ヒトの醜い部分を描かずに、ただ綺麗でまっすぐなシナリオをずっと紡いできていました。

故に、優しく包み込まれることはあっても、心に鋭く突き刺さる描写は少ない。誰かの傷を深く抉ることもなく、誰かの心を固く突き破ることもない。ただ徹頭徹尾、ヒトがけものであることを受容するシナリオ。コメント総数120万、来場者数22万人を数えるほど、万人に受け入れられたのはこの成果が大きいと感じます。

個人の経験と心情、信条にかかる係数を極力排したシナリオ。それは大打撃のない代わりに、致命傷もない、まさに、ど真ん中の王道を突っ走った、100点のシナリオでした。(その点で物足りなさを嘆く感想も散見されました。それにはそれで、同感ではあります)

ヒトは皆のフレンズたり得るか

しかし、ヒトの自己肯定というエゴだけに終わらないところが、けものフレンズというアニメをこの土壇場で急激に好きになりこの記事を書くに至った理由です。

作中、クライマックス。

かばんちゃんの知性に助けられたフレンズたちが、その恩恵を応用しながら、彼女を救い出します。

セルリアンに呑まれた結果、かばんちゃんはヒトのフレンズではなくなってしまいます。しかし、博士が言うところの「元の姿に戻った」かばんちゃんは、フレンズだったころの記憶と感情を持ち合わせたまま、フレンズ達と再会します。

感動的なため息の漏れる場面です。同時に、これはヒトを描きながら、同時にけものとの付き合い方を描いてきたけものフレンズというアニメのメッセージのようにも感じました。

ヒトはフレンズでなくなってもヒトであり、かつヒトは知性を留めた存在であるから、皆とフレンズで会った記憶を失わず、故にヒトは皆のフレンズたり得るのです。

動物園のおにいさん、おねえさんたちによるけものとの触れあいを端々に挟みながら進行してきたけものフレンズですが、ここに来てヒトという生物の生態に言及しました。

ヒトよ、けもののフレンズであれ、と。はっとさせられました。

けものフレンズに対する投資先を見つけられなかったフレンズ達が動物園に殺到したと聞いています。そこで生の動物に触れることで、ヒトは忙しさの中で忘れていた一つの事実に気がついたと思います。

ヒトはけもので、この動物たちもけもの。同じフレンズなのだ、と。けものに対する関心を取り戻したのではないか、と思うのです。

とかくけものを除け者にして生きがちなヒトですが、そういった意識に一石を投じることにも成功したのではないでしょうか。考えすぎでしょうか。

続編があるらしい?

嘘か本当か、二期があるらしいと言うツイートが散見されていて、今から楽しみです。

火山活動の噴出物、地球の熱という始原の火を受けて、けものが得るのはヒトの知性と言語でした。

セルリアンは火より生まれた灰、熱=知性を求めてさまよう亡者でした。

知性の申し子たるヒトが、セルリアンと闘争していた背景も描かれました。二期ではその辺りを掘り下げてやってくれると良いなと思っています。

多少シリアスよりになっても全然構いません。私にとっては、多分それが、100点×100点で、10000点くらいのシナリオになると思いますので。